発毛問題あれこれ

育毛する上で一番大事なこと

私は、52歳の会社員です。

今では、同年代の人と比べると、髪の毛は少し恵まれている状況にあります。これも、長い期間、髪の毛をケアしてきた成果だと思っています。

実は、私の髪の毛が薄くなり始めたのは、20歳代半ばのことでした。周りをみても薄いと感じたのです。テレビや雑誌、ビデオなどのアダルト系も含)前髪がこのままでは30歳になる前にハゲてしまうのではという危機感を感じていました。当時、様々な育毛剤を試しましたが、ついつい面倒になり、どの育毛剤も長続きしませんでした。とはいっても、今から25年以上も前のことなので、育毛剤に対する信頼感もそれほどなかったからです。


年々、髪の毛が薄くなる中で、今から10年ほど前に始めたのが「サクセス毛髪活性」です。知人から「これを使い続けたら髪の毛が生えてきた」と聞いたことがきっかけです。その時に知人から受けたアドバイスが、「だまされたと思って2年使い続けてごらん」という一言です。価格も3千円程度と手ごろだったので、今日まで、この育毛剤を使い続けています。その結果、少しづつではありますが、毎年、髪の毛が増えているようです。


育毛剤を使うに当たって、注意しているのが夜の洗髪です。昔は、抜け毛を心配して軽く洗っていたのですが、この育毛剤を使うようになり、洗髪用のブラシを使って頭皮を刺激するように洗っています。テレビの番組で、頭皮の汚れをきれいに落とすことで、育毛剤の成分が頭皮に浸透すると聞いたのがきっかけです。


寝る前に、このように髪の毛を洗い、育毛剤をつける。また、朝起きたら育毛剤をつける。その効果を実感できたのは、1年くらい経過した頃ではなかったかと思います。髪の毛を洗う時の手の感触が昔と違うように思え、また、久しぶり会う人から髪の毛が増えたのではと言われることもありました。髪の毛の量は変わらないのかもしれませんが、髪の毛は太くなったように思えます。


昔と違って、今の育毛剤は品質が向上しています。育毛する上で一番大事なことは、どの育毛剤でもいいので、その効果を信じて使い続けることではないでしょうか。薄毛にお悩みの皆様、ぜひ試してみてください。

頭皮の問題あれこれ

こんにちは。いきなりですが少しだけ自己紹介を簡単にさせて頂きます。福岡県出身の21歳、仕事は飲食店です。


早速なのですが、今回の内容である頭皮の問題について触れていきます。


僕自身が敏感肌なのでシャンプーやリンスが合わないとすぐにフケや痒みなどが発生してしまい、幼少時から悩み親と共に色々なシャンプーやリンスを使っていました。


世間ではこのシャンプーがいい、これだったらあまり影響がないなどと有りますが、正直人によって変わってきます。一人一人体質が違うのだから当たり前と言えば当たり前ですが…


僕なりの解決策としては色々使ってみて合う物を使っていては金銭的にも時間も掛かってしまうと思うので病院に一度かかり、自分にとってどの成分が駄目なのかを先に調べてそれから商品を選ぶ方がいいと思います。


次に抜け毛の問題です。


これは僕自身ではなく僕の父の体験談なのですが、歳をとるとやはり抜け毛は多くなってきます。抜け毛に関しては諦めることも肝心だとは思いますが、それでも予防は出来るようです。その方法とは若いうちから頭皮に気を使うことです。


少なからず遺伝なども有りますが、若いうちから過度な頭皮へのダメージ、頭皮へのケアなどを怠ると歳をとるにつれて抜け毛も多くなってくるそうです。ストレートパーマやヘアカラーなどした後は特に頭皮のケアを怠らないように注意しましょう。


後は頭皮へのマッサージは意外と効果があるそうです。ただ継続していかないと意味はないそうですが…まさに継続は力なりですね。


他にもシャンプーする前に37度ほどのぬるま湯で10分ほど流しシャンプーも指の腹の部分で10分ほど擦ることによって頭皮の汚れもよく落ちるそうですよ。


リンスやトリートメントをする時はなるべく頭皮ではなく髪自体に付けるように、つけてから1分ほどで流すなどを気をつけることにより無駄なダメージも減らせるそうです。毎日の生活により少なからず改善は出来るので皆さんも少しずつ気をつけましょう。

シャンプーとマッサージでフケ解消

少し前までフケに悩まされていた、現在飲食業で働いている35歳の男性です。

 

思い返してみると20代の頃は頭皮に関する悩みは何もなかったのですが、30代に突入したころから突然フケが発症するようになりました。それでも最初の頃はそのうち改善されるだろうという割と気楽な気持ちのまま生活してきたのを今でも覚えています。が、一向に治る気配はなく、一度どれほどのフケが溜まっているのか調べてみることにしました。

 

黒い布を敷き、その上で髪の毛をバサバサと掻いてみたのです。すると、出るわ出るわ。際限なく出ていたといっても過言ではなく、大げさでもなんでもなく本当に30分ほど出続けており、それでも一向に止む気配はありませんでした。白いフケに交じって黄色いフケも混入していましたし、その際の抜け毛も相当なものでした。

 

ただ事ではなさそうな雰囲気にこの時点で始めて気づき、さすがに何かしらの対策を講じなければなりませんでした。手っ取り早く医療機関に相談しようとも考えましたが、まずは身近な商品を試してみることにしました。というのも、実は中学生の頃にも同じようにフケが発症する時期があり、この時はシャンプーを変えることによって、自然と解消されたからです。このことを思い出したこともあって、とりあえずフケ用の専門的なシャンプーを購入することにしました。

 

中学生の頃に使っていたシャンプーが分かればそれが一番良さそうなのですが、そんな10年以上も前も事を覚えているはずもなく、実家の家族に連絡してももちろん覚えていません。そこで自分なりにネットなどで発毛の情報を収集し、カロヤンプログレの薬用スカルプシャンプーに目をつけたのです。

 

フケ解消にあたってはシャンプーに加え、頭皮のマッサージも取り入れました。効果は抜群で、自然とフケの発症は抑えられていきました。あれほど出ていたフケがピタッと止まり、驚いています。やはり、頭皮の状態が悪かったのでしょうか。個人的には日頃のストレスやら生活習慣で知らず知らずのうちに頭皮が凝り固まり、毛穴に油や汚れが溜まっていたことが原因だと考えています。

 

以来、入浴後のマッサージは毎日の日課として欠かしていませんし、頭皮の状態は良好です。シャンプーとマッサージによるフケ解消は有効だと思いますので、悩んでいる方は取り入れてみてはいかがでしょうか。

髪の乾燥

年齢は31歳、職業はシステムエンジニアです。


30になってから妙に頭皮に痒みが気になりだしました。なぜだかわからないのでお風呂で洗髪に気を付けたりシャンプーを変えたりしたのですが全く変わりません。


お風呂に入った後はたしかに数時間はかゆくないのですが、私は夜にお風呂に入る派なのですが朝起きると決まって頭皮が痒くて辛い思いをしていました。


理由が分からないのでまず最初に思ったのは「これはアレルギーなんじゃないだろうか」と思いました。ですので病院で抗アレルギーの薬を処方してもらい、それを服用し始めました。


多少は改善されました。飲んで数時間はたしかに痒みは治まっていたと思います。しかし結局その後に痒みが再発してまた薬を服用し、それを繰り返すようになりました。そんなことをしてるうちにアレルギー用の薬の効果もあまりなくなってきました。


頭はかゆいのですがそもそも頭髪自体も薄くなってきたのでいよいよ病院に行きました。診断はAGAと言われましたが、改善方法として「お風呂に入ったあとはドライヤーで乾かす」と教えられました。そもそもそんなに長髪でもない私は別にいちいち乾かさなくても髪は自然と乾いていたのでドライヤーは昔からしていませんでした。


医師いわく湿った状況のまま頭皮を放っておくとダニや黴菌が発生してかゆくなるとのことでした。\そういわれてからはお風呂に入った後は必ずよく拭き、ドライヤーをかけるようにていました。するとどうでしょう、あんなにかゆかった頭は全く痒くなくなったのです。抜け毛もへり、昔の頭髪も取り戻しました。


医者にOkをもらい通院も終わりました。ですので症状は改善されたと言っていいでしょう。頭皮の痒みに悩んでいる方はまずは頭にカビが生えるぐらい濡れたまま放置していないでしょうか?濡れたまま枕に接触いて寝て8時間もの長い時間が経過すると驚くほどカビや雑菌が繁殖します。それが痒みとなる場合が今回の私のようにありえるので、まずそこを気を付けてみてはどうでしょうか。"

おでこからの後退進行がとまった!

31歳自営業している男です。

 

15歳くらいから、周りに将来毛髪が薄くなる!と言われました。ストレスや、不規則な生活をしていたので、原因はそういったことだと自覚はしていたものの、ストレスは常にあるものであり、社会人になるとそのストレスも一層増えました。いろいろな育毛スプレー、シャンプーを試したものの、どれも効果が明確にでるものはなく、気付いたら20代で、明らかに10代よりも後退進行していました。

 

しかし、生活リズムやストレス解消は、なかなか見つけられないままでした。そこで、栄養バランスが悪い点を改善しよう、と思い、インターネットの情報などを参考にし、市販品である栄養補助食品の亜鉛とノコギリヤシを毎日指定量飲み、毎晩寝る前に頭皮マッサージをしてから睡眠に入るようにしました。

 

具体的には、爪をたてず、指の腹部分で頭皮をゆっくり動かすようなイメージのマッサージで行いました。また、シャンプー時は、丁寧にシャンプーを泡立ててから、優しく毛髪にシャンプーをつけ、マッサージするように洗髪をしました。この工程を踏む中で、いかに自分の頭皮が固くなっていたかを思い知りました。それからは、毎晩習慣化し、マッサージをしっかり行い、栄養補助食品も継続しました。

 

その結果、不規則な生活やストレスなどの生活環境は変わらず悪いままでも、おでこからの毛髪の後退進行が止まったのです!すべての育毛スプレーを試したわけではありませんが、育毛スプレーだけでは効果はだせていなかったのが実情です。

 

もっといえば、育毛スプレーの使い方自体も、間違っていた可能性があります。私のこうした経験から、同じように、生活環境はなかなか変えることができないビジネスマンなどにアドバイスをするとすれば、

 

@栄養補助食品摂取を行うこと。
Aシャンプー時は、丁寧にシャンプーをおこない、優しくマッサージをすること
B寝る前に、何もつけない、もしくは育毛スプレーなどを軽くつける程度で頭皮を動かすようなイメージでマッサージをするこど。

この三点をオススメします。私はおでこから生え際がどんどん後退していったタイプですが、生え際だけでなく、頭皮全体をマッサージすることをオススメします。

 

正直、二十代からはずっと前髪をのばし、隠していた私が、いまではやっと、前髪を整髪料で上げることができています。個人差はあると思いますが、私の場合は上記マッサージ、栄養補助食品摂取を3年間継続しました。後退が止まっだけでなく、髪の毛が太くなってきたことも大きな喜びでした。諦めないで、早いうちから自分にあった対策をみつけ、継続する!これが重要です!"